HOMEつれづ LEGO

 STUD-and-TUBE 

LEGO 探索レポート <in 伊豆 2002 >
2004年 9月17日 記

2月の連休を利用して伊豆に行きました。メインの目的は「観光」「温泉」「美味しい海の幸」ですが、旅行と言えば「LEGO 探索」でしょ!

まずは例によってインターネットタウンページで”おもちゃ屋”と”○○町”で検索。
くーっ、流石はひなびた温泉町、2軒しかないよー。こりゃ電話で問い合わせるのも店に行くのも簡単だわ〜!

『A玩具店』

    こちらは観光で立ち寄る街のお店。
    まず電話を掛けて「古い LEGO を探してます」と言うと、わざわざ陳列棚を調べてくれたヨ。結局古いのは私の趣味とはカテ違いの #6278 しかなかったけど、この対応の良さは気持ちがイイぞ〜。
『おもちゃのB』
    こちらは宿泊予定地のお店なんだけど、いつ電話してもピ〜プル〜って繋がらない。
    でもまぁ、この街には一晩居るのだからぶらぶら行けばイイのだし、処番地は「××莊」と言う旅館と全く同じだから観光協会か泊まるホテルで聞けばわかるでしょう。

以前 YLS-BBS に熱海に探索に行った人のカキコで『観光地の探索は期待薄』というのがあったのでさしたる期待は抱かず軽い気持ちで出発しました。


順調に旅を満喫しホテルに荷物を置いて身軽になったら、ホテルで寛ぐ MisaQa 両親とは別行動で、駅で貰った観光MAPを片手にいざ探索開始です。

「××莊」を目印にして歩けども歩けどもおもちゃ屋も「××莊」ありません。地図をジックリ眺めたり周辺を見まわしたりしているうちに、ベビーカーを押した Wiz はズンズン進んで行ってしまいます。
途方に暮れて辺りを見まわすと流石に観光地だけあって曲がり角毎に詳しい地図が貼ってありますが、不親切な事に「駅⇒温泉街」からしか気づかない向きに貼ってあります。私達のように「温泉街⇒駅」に向かって歩いていると、全く気が付かないのです。
やっとこの地図に気いた頃には、どう見ても目的地を大きく通り過ぎている模様。更に手にしている地図は大雑把すぎて違う通りを歩きまわっていたようです。

引き返す決断を下したものの、Wiz の姿はどこにも見当たりません。携帯をコールすると、なぜかホテルで寛いでいるはずの母が出てきます。
携帯電話を不携帯で出掛けた Wiz とは、完全に逸れてしまいました。トホホな気分満開になりながらも、私一人で探索続行です。

不親切に貼られた親切な地図を見てもやっぱり「××莊」は載っていません。余程小さな宿なのでしょうか?
角毎に地図を確認しながら行ったり来たりしてやっとそれらしい小路を発見。恐る々進んで行くと「××莊」の看板発見、続いて「おもちゃのB」発見!
木造モルタルの古びた平屋に手動のガラス戸、店先に並ぶガチャポンは斜めに傾いで、あぁ、なんだかイイ感じ…
中に入ると狭い店内に商品がギュウギュウに積めこまれていて、これまたイイ感じ…


しかし今回はアポなし来店です。必ずしも LEGO を扱っているとは限りません。
店内を見まわすと LEGO は棚から溢れて、無造作に床に積み上げられています。その山を注意深く調べると、私のハートを激しく揺さぶるピンクの箱を発見。

えーっと、このピンクは色相・彩度・明度とも、どう見たって PARADISA カラー。でもこんな処にパラディサがあるわけなんてないし、ピンクと言ってもパチものが紛れ込んでいるかもしれないし…などとパニックに陥りながら近づくと、その箱には紛れもなく LEGO と PARADISA のロゴが書かれています!
早る心をなだめつつ、高く積み上げられた箱を崩さないように慎重に箱を手にすると、なんとそれは #6547 Funfair ではありませんか!しかも定価の\4,500-のままです!

これは1997年ものとさして古くはない上に日本でも正規販売されていたにも関わらず、ヤフオクでもこの9ヶ月で3回しか登場していないと言う、パラディサの中でも3番目くらいにレアな物です。
定価は\4,500-だけど、パラディサの中でもトップクラスのレアさとなると当然落札価格は\20,000-を超えて、3度とも涙を飲んできました。
そんなレア〜なものが、こんなに簡単に手に入っていいの?もしかしてこの子は、私が来るのを待っていたの?

他は基本セットで80年代っぽいものがある以外は「ニンジャ」「南海の勇者」「魔女ヒルダ」の90年代後半ものが幾つかあるでけです。

#6574 を大切に抱えてレジに持って行くと、オヤジさんが『なんだか最近 LEGO やプレイモビールが人気らしいけど、お客さんも色々集めてるの?』とな。
「最近の LEGO はどれも大味でつまらないので、古いのを探してます」と答えると、『昔のは子供でも遊べそうだったけど、最近のはハーリーポッターとかスターウォーズばっかりで、入れる気になれなくってねー。』とカンジのイイ応対。
観光地という土地柄故の人当たりの良さか、収穫以上気持ち良いお買い物となりました。


せっかくだから温泉街をブラブラしながらホテルに戻ろうかと歩きはじめた処で携帯の着信音が鳴りました。公衆電話からって事は、間違いなく Wiz からだわ。
やっと再会を果たした私は、”会いたかったワ”とか”寂しかったワ”と云う言葉の代わりに、誇らしげに「どうよ!?」とお宝ピンクちゃんを付きつけた処、Wiz は『なんでこんなの持ってるの?』と合点が行かない様子。

かくして今回の伊豆旅行は、「観光」よりも「温泉」よりも「美味しい海の幸」よりも #6547 Funfair が一番の思い出となりました。

HOMEつれづ LEGO

LEGO(レゴ)はレゴグループの登録商標です。
このページはLEGOistである個人によって運営されており、
レゴジャパン及びレゴグループとは関係ありません。
このページ内の文章・画像などの無断転載はご遠慮ください。