HOMEつれづ LEGO

 STUD-and-TUBE 

LEGO 探索レポート <in シンガポール 2005 >
2005年 9月27日 記

夏休みを利用して、シンガポールに家族旅行に行きました。 今回のお目当ては『シンガポール動物園』『ナイトサファリ』『ジュロン野鳥公園』の動物三昧とセントーサ島でのビーチリゾートで、ショッピングは二の次三の次、LEGO 漁りなんて全く念頭にありません。
探索の旅で手にするのはタウンページですが今回はちゃんと旅行ガイドを買い、名所旧跡を変わるスケジュールを練ったり、名物料理やお土産になりそうな名産品を調べたり。ごく普通のツーリストの準備だけをして旅立ちました。


2005年 9月 3日

今回のツアーで使った航空会社は全日空(JAL)。 この数年はコンチネンタルにしか乗っていなかったので、日本の航空会社の料金の高さに比例した機内の清潔さは新鮮です。 この処トラブル続きだった不安も吹き飛び、快適な空の旅が過ごせそうです。
飛行機に乗り込むと、まずは座席のポケットに入っている印刷物を手にします。 いくつか用意された中の、機内での免税品の冊子を見ながら MisaQa が「あっ」と言った瞬間、隣に座っている Wiz の口からも「お!」と言う声があがりました。 そうです、JAL の中長距離の旅客機内では限定品のプロモーショナルセット #4778 Biplane が販売されているのです!

LEGO のコトは念頭にないとは言っても、目の前にノコノコと現れた限定品なんて、鴨が葱を背負ってお辞儀しているようなもんです。 即効お買い上げ〜。


2005年 9月 4日

この日は終日オプショナルツアーで市内(国内?)観光をしますので、LEGO とは無縁で過ごします。 ツアーバスの車窓を流れる異国の風景に旅情を誘われ・・・ぅわ、今ザラスの看板があった!
そりゃぁ人口420万人の大都市に、トイザラスがないワケがないです。 その上今が旬の伸び盛りの国、LEGO だって正規販売されているに違いありません。

なにも古レゴ探しばかりが「探索」じゃない、日本未販売レゴ探しだって立派な「探索」ですよネ。明日以降のフリーの時間帯での目的に『トイザラス』を初めとする現地の玩具が加わりました。


2005年 9月 5日

日中のフリーの時間に、マリーナ〜シティ周辺を観光して回りました。 この日は月曜日にも関わらず学校が「試験休み」(シンガポールの学校には夏休みの習慣はなく、その代わりに期末試験が終わったこの時期に数日だけ休みがあるそうです)なので、ショッピングモールの中は子供が溢れています。
子供が集まるこ処にザラスがあるのか、ザラスがあるから子供が集まるのか? サンティック・シティ・モール の中に、賑々しくトイザラスがありました。

店頭に派手なデコレーションやメッセージカード付の花輪が飾ってありましたので、新規開店とか新規開店だったのでしょうか? それ以外はあっけ無いほど、日本のトイザラスと同じでした。
LOGE のコーナーの大きさは日本とあまり変わらないのですが、しかしラインナップはと言うと・・・Clikits が揃ってる! #8421 Mobile Crane が通常販売! これって、日本よりずっと充実しています。
価格は #8653 Enzo Ferrari 1:10 が S$249.90( \16,500-)なので、日本とほぼ同程度です。 しかし平均所得や他の物価を考えると、かなり高価な玩具であろうと思います。

この品揃えですから MisaQa は迷わず Clikits まとめ買いですヨ。


2005年 9月 6日

この日の午前中はオプショナルツアーでセントーサ島へ行き、午後のフリータイムは本島に戻って観光地巡り。 昨日とは対照的に、チャイナ・タウン〜リトル・インディア〜アラブ・ストリートと言うエキゾチックなエリアばかりを回りました。

これらの町並みの濃厚な熱気を語るに、MisaQa は充分な言葉を持ちません。

カラフルでキッチュな家並みは、今後の建物ビルドの参考になるかもしれません。 様々な文化に塗られた風俗も、ジオラマを作る刺激になるかもしれません。 寺院を飾る塑像の躍動的なポーズは、キャラクタ・ビルドの最高になるかもしれません。
でも今はまだ無理。 これだけの刺激を消化しきれません。

この辺りの通りは貴金属点・洋服の仕立て屋・香辛料の屋台・民芸品店ばかりが目に付きます。 それほど広い通りに面しているワケではありませんので、トイザラスのような量販店はあり得ません。 かと言って普通にイメージするような「玩具屋」も見掛けませんでした。
よってこの日は LEGO 的な収穫はなし。 でも将来参考にしたい写真だけは沢山撮って着ました。


2005年 9月 7日

いよいよ今回の家族旅行も最終日。 夕方の集合時間まで、オーチャードの散策を楽しみました。
オーチャードはシンガポール随一の目抜き通りで、有名ブランドが出店するデパートやショッピングモールが立ち並んでいます。 行きかう人もマリーナ辺りのビジネスマンやエキゾチックタウンの民族衣装とも違い、日本の繁華街に溢れている人々と全く変わりません。
日ごろからブランドには全く興味ない我が家は、もっぱら街のスナップショットが楽しみです。 ショッピングセンターはインデックスで玩具屋を探し出して探索する程度です。

早速見つけました、Paragon(パラゴン)5F のトイザラス。 店舗自体は サンティック・シティ・モール のものよりもずっと狭いのですが、LEGO コーナーの面積はあまり変わりはありません。
Clikits が標準販売でしかも種類も在庫も豊富なのも同様。 フェラーリがズラリと並んでインパクトを誇っているのは日本と同じですが、反面デザイナーシリーズが控えめでした。
何よりも目を引いたのは BIONICLE の充実振り。 日本では見たことのないパーツの詰め合わせセットや、ごっこ遊びグッズも並んでいました。
ここではマスクとどちらにしようか迷った挙句、左の写真に写っているバイオニクルの剣の玩具を購入。 別段欲しかったワケでも、ビルドに使おうというのでもありません。 魔が差したってヤツです。
それでも何故か娘は大いに気に入ったそうで、この後ずーっと小脇に携え、ある時はカメラ、またあるときは魔法の杖、はたまたある時は楽器に見立てて振り回しておりました。 ま、コレだけで充分モトは取れたので良しとしましょう。

最後に訪れたのは、シンガポールで最初に見かけた Forum The Shopping Mall(フォーラム・ザ・ショッピングモール)3F のトイザラス。 ここでも BIONICLE は一押し商品の扱いです。
その横に見たことも無いスパイダーマンのボトルが華々しくディスプレイされています。 「こんなの知らなーい。 日本未発売!?」と思って目を奪われるも、視線からちょっと外れた高さに MEGA BLOKS のロゴがっ。
慌てて周りを見回すと、LEGO と MEGA BLOKS は同じエリアに混在して並べられています。 紛らわしい商品を紛らわしく展示しているのは明らかに”わざと”ですが、ここまで正直に”わざと”をされると、笑いがこみ上げます。 普通の商品知識のお客さんなら、その区別に気づかずに買って行くんでしょうね。
いずれにしても我が家では MisaQa も Wiz も関心がないので、これにてシンガポールでの『LEGO 探索』は終了!



今回の探索は、現地で思い付いたオマケのようなものでした。 それでも Clikits をタップリと手に入れられたのですから、思いがけないボーナスを手に入れたような気分です。

また、玩具屋めぐりの道中、質素な普段着のアジアの中年女性に連れられた、身なりの良い交じりっ気なしの白人の子供の組み合わせを沢山見ました。 彼女達は、おそらくメイドさんなのでしょう。 奇跡的な経済発展の一方で、こうした貧富の差は存在しているのですね。 地理的に言って、不法移民も多いのかも知れません。
それに気づくと、近代的に整備された地下鉄の駅にエレベータがない事、広々と清潔な歩道には美観をよくするために多くの段差が設けられている事、白い杖や車椅子を使う人を全く見かけない事、この数日で音の出る信号は一つしかなかった事・・・ ガイドブックには載っていない様々な事柄が見えて来ました。

オマケの『LEGO 探索』のオマケの記憶として、思い出を浮つかせない小さな楔となって行くことでしょう。


HOMEつれづ LEGO

LEGO(レゴ)はレゴグループの登録商標です。
このページはLEGOistである個人によって運営されており、
レゴジャパン及びレゴグループとは関係ありません。
このページ内の文章・画像などの無断転載はご遠慮ください。