HOMELEGOの基礎知識

 STUD-and-TUBE 

LEGOパーツの名称(特定の用途を持ったもの)

バケツのような初心者向けのセットにも沢山入ってはいるものの、特定の用途を持ったパーツを集めてご紹介いたします。

Arch:アーチ
お城を中心とした、建築物に多用されるパーツです。
左右に分かれたタイプのものは乗り物やロボットなど、建築以外のモデルでも大活躍しています。
Arch:アーチ

Door:ドア
建築物と乗り物のドアです。いずれの場合も、現行のパーツは全てミニフィグに合わせた大きさになっています。
Door:ドア

Window:窓
建築物と乗り物の窓ですが、乗り物のフロント部分は「ウィンドウスクリーン」として別に扱います。これもドア同様、全てミニフィグに合わせた大きさになっています。
Window:窓

Bar:バー
フィグが持つ棒や梯子など、棒の組み合わせでできたパーツです。
Bar:バー

Ginge:ヒンジ
稼動部分に入れて蝶番のように使ったり、ブリックの方向を斜めに変えたりするのに使います。特にテクニックでは角度の表現に多用し、絶妙のフォルムを作り出しています。
用途に応じてブリックとプレートがあります。
Hinge:ヒンジ

Tyre:タイヤ
文字通りタイヤです。システム用・モデルチーム用・テクニック用それぞれがいくつもの種類を持っています。
Tyre:タイヤ

Wheel:ホイール
タイヤにあわせた大きさに加えて、色のバリエーションもあります。システムには飛行機用のものもあります。
Wheel:ホイール

Wedge:ウィッジ
主に車・船・飛行機といった乗り物に使用される、サイドが斜めにカットされたものです。
プリック・タイルに加え、船尾や機種に使われるスロープやインバースもあります。2002年からは、丸みやねじれの曲面を持つタイプも登場しています。
Wedge:ウィッジ

Wing:ウィング
主翼・尾翼に加え、正方形の角を三角に落としたものもウィングと呼びます。近年は大きなウィングが入ったセットはリリースされておらず、とても人気の高いパーツです。
Wing:ウィング
WindScreen:ウィンドスクリーン
車や宇宙船の窓で、「キャノピー」と呼ぶ人もいます。同じ乗り物でも、トレインの窓は「窓」(たまに「トレイン窓」と云う人もいます)と呼び、ウィンドスクリーンとは区別して呼びます。
WindScreen:ウィンドスクリーン

LEGOパーツの名称(特定の用途を持ったもの)

HOMELEGOの基礎知識

LEGO(レゴ)はレゴグループの登録商標です。
このページはLEGOistである個人によって運営されており、
レゴジャパン及びレゴグループとは関係ありません。
このページ内の文章・画像などの無断転載はご遠慮ください。