HOMEオリジナルモデル集 > あれやこれ

 STUD-and-TUBE 

Advent Calendar
アドヴェント・カレンダー 2006



2006年12月1日からクリスマス・イヴまで、毎日一つづつお楽しみが飛び出したこのページ、
25日を迎えた24人の「ドレッシー・ドール」は、ホワイトクリスマスに染まりました。
※マウスカーソルを画像に重ねると、カラフル・モデルが御覧いただけます。


LEGO-アドヴェント・カレンダー # 01 バッスル・スタイル
12月1日 公開
印象派の時代の婦人をイメージしています。
澄み切った光とドレスの色が互いに引き立てあうような、軽く華やかな配色を心がけました。

LEGO-アドヴェント・カレンダー # 02 タイト・ドレス
12月2日 公開
『ボンド・ガール』がイメージ。
媚態と策略で世の中を易々と渡っていける、私には手の届かない世界の女性です。

LEGO-アドヴェント・カレンダー # 03 ティー・ガウン
12月3日 公開
夫の助けになりたいと、ご婦人の社交に顔を出し始めた商家の若奥さん。
贅沢はできないけれど、お花の飾りやゆったりとしたトレーンで落ち着いた華やかさをプラスしました。

LEGO-アドヴェント・カレンダー # 04 ウープランドゥ
12月4日 公開
ゴシックの頃のフランスの地方役人の奥方。
生活の其処ここに宗教の影響が色濃く影を落とした時代、ゆったりとした袖にオシャレ心を滲ませました。

LEGO-アドヴェント・カレンダー # 05 エンパイア・スタイル
12月5日 公開
コルセットや過剰な装飾を取り去った装いの軽やかさに相応しく、若い娘さんに着せました。

LEGO-アドヴェント・カレンダー # 06 ヴィクトリアン・スタイル
12月6日 公開
『赤毛のアン』のマリラをイメージしています。
厳格な壮年の女性に相応しく全てにおいて控えめですが、その中にこそ気品が漂います。

LEGO-アドヴェント・カレンダー # 07 ロココ
12月7日 公開
マリー・アントワネットをイメージしています。
鮮やかな配色と豪勢な飾り、ややもするとケバケバしくなる一歩手前の華やかさです。

LEGO-アドヴェント・カレンダー # 08 アール・ヌーボー
12月8日 公開
コルセットやパニエを投げ捨てた、開放的な時代に相応しい進んだ女性。
色合いもエコロジカルに纏めながら、帽子やフリルには遊び心を持たせました。

LEGO-アドヴェント・カレンダー # 09 田舎娘
12月9日 公開
『足ながおじさん』のジルーシャ・アボットが休暇を過ごす農園での装い。
高価な装いではなくとも、もっと実用的な中にある美しさ。 日焼けした肌に映える、粗野な装いです。

LEGO-アドヴェント・カレンダー # 10 ローブ・デ・コルテ
12月10日 公開
位置づけとしては「中礼服」ですが、現在の女性皇族の礼服にはこの形が用いられます。
一切の装飾を取り去ったシンプルなラインは、纏う女性の品格を容赦なく暴く、とてもランクの高い装いだと思います。

LEGO-アドヴェント・カレンダー # 11 マーメード・ドレス
12月11日 公開
笑ったり泣いたり、元気で快活なお嬢さん。 いつも人魚の尾鰭のようにピチピチしています。
エレガントに装っても溢れ出てしまう活力を、活き々としたカラーでコーディネートしました。

LEGO-アドヴェント・カレンダー # 12 ヴィクトリアン・スタイル
12月12日 公開
『赤毛のアン』の牧師館の若夫人のイメージ。 理想高い夫を助け、自らも善良で快活な夫人です。
厳格な職業に相応しい気品に加え、膨らませた袖やアクセントの飾りで若々しい感性を表現しました。

LEGO-アドヴェント・カレンダー # 13 タイト・ドレス
12月13日 公開
美しく知的な、現代の社交界の花形セレブ。
このシリーズの大元となったモデルです。 色やディテールに頼らず、シンプルなデザインで女性のラインを表現する事に勤めました。

LEGO-アドヴェント・カレンダー # 14 クリノリン・スタイル
12月14日 公開
『若草物語』のジョーのイメージ。 快活で短気な性格ながらも、「リトル・ウィメン」に憧れています。
慎ましい暮らしの中でも、リボン飾りやスカートのギャザーは欠かせないエッセンス。

LEGO-アドヴェント・カレンダー # 15 ケープ付きコート
12月15日 公開
北国の少女、冬の装い。
オシャレは温かい季節だけのものではありません。 タップリ広がったスカートにドッシリとしたコートを着けた姿は、雪景色に映えた事でしょう。

LEGO-アドヴェント・カレンダー # 16 オリエンタル・ドレス
12月16日 公開
情報が世界を駆け巡るようになった時代、感性豊かな女性は異国の様式を競って取り入れました。
%4285 の影を帽子に活かしたくてデザインしました。 どうせならば円形のパーツを中心に構成しようと、X-Pod のケースなど普段使い慣れないものばかりを使ってみました。

LEGO-アドヴェント・カレンダー # 17 バッスル・スタイル
12月17日 公開
クリっと開いた瞳と赤い頬が可愛い娘さん。 ボンボン飾りが笑い声に合わせて弾みます。
このシリーズの終盤、変わった組み方をして見たくなっていた時に入手した%3614を裾飾りに使ってみました。

LEGO-アドヴェント・カレンダー # 18 クリノリン・スタイル
12月18日 公開
ヴィスコンティが好みそうな、イタリア貴族の女性。
重厚な生地を重ねて軽やかなシルエットを紡ぎ出す、ヨーロッパ的なクリノリンです。

LEGO-アドヴェント・カレンダー # 19 フリル・ドレス
12月19日 公開
社交界デビューを夢見る少女。
子供らしさの残るあどけない笑顔に、鮮やかなオレンジと段々フリルがお似合いです。

LEGO-アドヴェント・カレンダー # 20 ヴィクトリアン・スタイル
12月20日 公開
地方都市の女性教師。 自分の職業に誇りを持ち、若々しく理想に燃える女性。
厳粛な職業に相応しく控えめでありながら、端正なシルエットと爽やかな色使いは少女達の身近な憧れ。

LEGO-アドヴェント・カレンダー # 21 クリノリン・スタイル
12月21日 公開
『風と共に去りぬ』がテーマ。 時代のうねりの中を、強く気高く生きてゆく女性です。
緑の瞳のスカーレットに赤いドレスが似合うかは?ですが、気性の激しさと逞しさを、タラの赤土に重ねてみました。

LEGO-アドヴェント・カレンダー # 22 バッスル・スタイル
12月22日 公開
夫を支え子供を育て地域にも貢献する、婦人としての喜びに満ちた女性。
黄色&濃灰色、潜水艦や作業車両に使われる配色ですが、華やかな印象になるように勤めました。

LEGO-アドヴェント・カレンダー # 23 ロココ
12月23日 公開
ポンパドール婦人をイメージしています。
宮廷の時代にあって政治や文化をリードした聡明な女性に相応しく、豪華な中にもスッキリとした印象を目指しました。

LEGO-アドヴェント・カレンダー # 24 ウェディング・ドレス
12月24日 公開
ファッション・ショーの最後は、必ずウェディング・ドレス。 時代や流行を超えて、女性の門出の日を装います。
私がどんな女性をイメージしているかではなく、貴方自身や貴方の愛する女性をイメージして御覧下さい。

これにて今年のアドヴェント・カレンダーは完結です。 ここまで見て下さったみなさま、どうもありがとうございました。
皆様が素敵なクリスマスを過ごされますように、24人のレディと共にお祈りしております。
Happy Holiday!!

Advent Calendar
アドヴェント・カレンダー 2006

HOMEオリジナルモデル集 > あれやこれ

LEGO(レゴ)はレゴグループの登録商標です。
このページはLEGOistである個人によって運営されており、
レゴジャパン及びレゴグループとは関係ありません。
このページ内の文章・画像などの無断転載はご遠慮ください。