HOMEオリジナルモデル集 > 住宅展示場

 STUD-and-TUBE 

St James' Station − St ジェームス駅
2003年10月23日
St James' Station - St ジェームス駅
新聞の観光欄に載っていた
カナダの片田舎にある教会の写真をモチーフに、
小さな村の小さな駅を作ってみました。

Station building - 駅舎 一日に数回、各駅停車の鈍行列車しか止まらない静かな駅です。それでも村にとっては重要な生命線、小さな駅は村人の心の拠りどころです。
Wicket - 改札口 改札口は無人ですが、この村の人々は正直が自慢。咎める人がいなくても、荷物の受け渡しも見送りも、お行儀良く所定の場所で行います。
Home - 駅の清掃 駅はお年よりの憩いの場。誰からとなく集まっては、日がな一日おしゃべりをしたり、ホームを掃いたりして過しています。
Flower bed - 駅を飾る花々 ファーマーの多いこの村、駅はいつも村人が持ち寄った季節ごとの花で飾られます。寡黙な村人にとって、旅人への精一杯の歓迎のしるしなのです。
Station building - 駅舎の補修 駅舎の手入れは、腕に覚えのある若者が集まってやります。毎年春の補修工事の時にはトンカチの音に交じって、お弁当を差し入れる娘達の声が賑やかに響きます。
Clock Tower - 時計塔 駅の時計塔は、村で一番大きく唯一正確な時計。だからといってのんびりとしたこの村では、時計を見上げる人も滅多にないのですけれど…
Red roof - 赤屋根 一面の雪に覆われる冬、吹雪の中にもクッキリと映える駅の赤屋根は、人々の心を励まします。
Red Door - 噂の玄関口 コレといった事件の起きないこの村では、駅の赤いドアを誰が誰と何時くぐったかは、奥サン達の最大の関心事なのです。
Today... - St ジェームス駅は今日も… 今日もStジェームス駅はひっそりどっしりと、夢も希望も悲しみも、じっと見つめて建っています。

HOMEオリジナルモデル集 > 住宅展示場

LEGO(レゴ)はレゴグループの登録商標です。
このページはLEGOistである個人によって運営されており、
レゴジャパン及びレゴグループとは関係ありません。
このページ内の文章・画像などの無断転載はご遠慮ください。